NHK受信料全額免除の申請方法 障害者のいる住民税非課税世帯等は手続きするべき

こんにちは、あんにゅいです。

「テレビを所有している」という理由だけで問答無用で支払いを迫られるのが、NHK受信料です。

このNHK受信料、義務なのかもしれませんが、できれば支払いたくないですよね。

特にNHKの番組を観るわけでもない世帯は、尚更その気持ちは強いと思います。

先日私は、ある条件を満たしている世帯は申請するとNHK受信料が免除されるということを知りました。

私はその条件に該当するため、早速免除の申請手続きを踏んだところめでたく受理されました。

そのあらましをご紹介します。

 

全額免除の対象となる世帯

NHK受信料免除の対象となるには、大きく2つの条件を満たしている必要があります。

それは下記の条件です。

 

世帯の中に

  • 身体障害者
  • 知的障害者
  • 精神障害者

のいずれかがいて、かつ、

  • 世帯構成員全員が市町村民税非課税

であること、です。

 

「市町村民税非課税」というのは、住民税が非課税、すなわち住民税を払っていない(払わなくてもよい)ということです。

他にも、「公的扶助(生活保護など)受給者」、「社会福祉施設入所者」、「奨学金受給対象等の別住居の学生」などが全額免除の対象となり、また、それ以外にも「半額免除」の制度もあります。

詳しくはNHKのHPをご覧ください。

私は精神障害者であり、また所得は無く、さらに一人暮らしのため、上記の条件に該当します。このことに気付き、全額免除の申請をしました。

 

申請方法

パンフレットによると「申請書はNHKまたは自治体の窓口にあります」ということです。

「自治体」の定義はやや難解なのですが、ここでいう自治体とは要するに市町村役場などのことですね。つまり申請書は役場などの窓口にもあるということです。

私の自宅から最寄りのNHK窓口までは遠いので、私は近場の市役所に行くことにしました。

市役所の窓口でNHK受信料免除の手続きをしたいという旨を伝えると、職員が丁寧に案内してくれました。

免除の適用条件確認のためにいくつかの質問(障害者手帳はあるか、世帯構成等)に答え、申請書を受け取ります。

 

 

書き方がよくわからない部分もあったのですが、職員が親切にも書き方を教えてくれたので、詰まることなく書き終えることができました。

そしてNHKへ送るための専用の封筒まで無料で貰えました。

その封筒に書き終えた申請書を入れて封をすると、はいこれで完了です。

あとはポストに投函するだけですね。

何も難しいことは無かったです。

念のため、申請の際に必要だったものを挙げておきます。

  • 身分証明書
  • 障害者手帳
  • 印鑑

申請にお出かけの際は必ずお持ちくださいね。

 

受理通知書が届く

申請書をポストに投函してから1ヵ月強ほどで、NHKから「放送受信料免除受理通知書」なるものが届きました。

 

 

これが届いたら無事手続きが終わったということですね。

 

先払い分が返金される

私はNHK受信料は12ヵ月分前払いで支払っていました。

受信料免除申請の受理に伴い、その先払い金が払い戻しされていました。

 

 

さすがに過ぎてしまった月の分は戻ってこないようですが、これから先の月の先払い分は戻ってくるようです。

 

デメリットは無いので対象世帯は申請すべき

もしもあなたの世帯がNHK受信料免除の対象世帯であるなら、是が非でも申請するべきです。

申請することによるデメリットらしいデメリットは特に無いからです。

デメリットを強いて挙げるのなら、「労力と時間がかかる」、くらいなものだと思います。

その多少の手間暇を惜しまないのなら申請しない手はありません。

NHK受信料は月にすると1000円弱~2000円強程度ですが、塵も積もればで何年何十年と経てばそれなりに差がついてきます。

月に1000円浮いたらと思うと私でしたら心が躍る想いです。

読みたかったあの本を買うのも良し、ちょっと贅沢に焼肉ランチに行くのも良し、です。

払わなくてもいい費用があるのなら、払わなくて済むように積極的にするべきだ、と私は思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください