【時の流れに身をまかせ】パチンコ『CRテレサ・テン2』を打っていると涙ぐんでしまう

こんにちは、あんにゅいです。

「アジアの歌姫」として主にアジアで広く業績を残したテレサ・テンという女性歌手をご存知ですか。

若い人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、日本でも人気を博し、ヒット曲も数多くあります。

そしてテレサ・テンとタイアップしたパチンコ機種も存在し、それはパチンコメーカーDaiichiが手がけています。

最近私の近所のパチンコホールの低貸しコーナーに『CRテレサ・テン2』が導入されてよく打つのですが、打っている最中に涙ぐんでしまうのでちょっと困っています。

 

 

通常時に楽曲が普通に流れる

『CRテレサ・テン2』では、通常時でも常に歌詞付きで歌が流れます。

常に歌が流れていると、一日打ったりしたら聴き飽きてしまいそうな気もします。

ですが流れるのは名曲ばかりですし、曲数も多く10曲もの歌がループするので、リーチ演出や大当たりなどの変化もあることも考えますと、飽きる心配は無いかなと思います。

ずっと名曲を聴いていられるのはファンには感涙ものですね。

その通常時に流れる歌の中に、大ヒット曲『時の流れに身をまかせ』があります。

この存在が私にとっては難敵です。

曲に聞き入り歌詞を噛み締めていると、グッとくるものがあり涙ぐんでしまうのです。

家の中やコンサート会場などなら何の問題も無いのですが、パチンコ屋での自分のその姿は、醜態を晒していると言いますか、怪しいおっさん以外の何者でもない気がします。

 

『時の流れに身をまかせ』は不倫三部作のひとつ

『時の流れに身をまかせ』は、他の大ヒット曲『つぐない』『愛人』と併せてテレサ・テンの不倫三部作と呼ばれています。

私は長い間知らなかったのですが、『時の流れに身をまかせ』も道ならぬ恋を歌った曲なのですね。

女性の純粋な恋心を歌った曲なのだとずっと思っていました。

でもまあ、不倫の歌だと知った上で歌詞を見てみると、それっぽく見えてきますから不思議なものです。

 

ここぞという場面で流してほしい

通常時に常に歌が流れるというのは、ひとつのコンセプトとしてはありだと思います。

Daiichiのこだわりもあるでしょう。

ですがやはり、パチンコとしてはここぞという場面、例えば激熱リーチ中や大当たり中などに流した方が良いような気がします。

何と言いますか、常に流れていると名曲の安売りのようで、ありがたみが薄れるんですよね。

10年以上前に導入された初代の『CRテレサ・テン』では、歌のたれ流し感は無く、楽曲は威光を放っていました。

特に件の『時の流れに身をまかせ』は別格扱いで、強い場面で流れるのでバランスも良かったと思います。

ですから個人的には初代の方が好きですね。

泣かされるにしても重要な場面でだけですし、何とかごまかしも利きます。

でも『CRテレサ・テン2』では何でもないときでも涙を誘われるので厄介なのですよ。

歌パチとして『テレサ・テン3』が出るのであれば、初代の仕様に戻してほしいなと、私としては思ってしまいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください