ユニバカ×サミフェス2018にパチスロまどかマギカ3の展示は無かったらしい

こんにちは、あんにゅいです。

去る2018年11月25日、東京ビッグサイトで『ユニバーサルカーニバル × サミーフェスティバル2018』が開催されました。

かねてから「『叛逆の物語』をモチーフにしたパチスロまどマギの新台が出る」という噂があり、まどマギ好きの私はこのユニバカ × サミフェス2018に注目していました。

私はユニバカ × サミフェス2018には行っていないのですが、Webでまとめ記事などを読んでみたら、どうやら今回はまどマギの新台の展示は無かったようだということがわかりました。

 

 

 

注目はバジリスク絆2?

様々な憶測が飛び交っていたまどマギの新台の情報は今回は全く無く、代わりと言うべきか絆の続編が展示されていて注目を浴びたようです。

 

スロログ

 

バジリスク絆は今なおホールで主役級の活躍をしていますが、後発のバジリスク3はそれに比べれば鳴かず飛ばずという感がありますよね。

メーカーもそれを意識しているのかしていないのか、新台をバジリスク4ではなくバジリスク絆2とするあたり、今作に懸ける想いが伝わってくるような気がします。

絆に対する良いイメージを壊さない作品にしてほしいなと、ファンとしては思います。

 

まどマギはパチスロで知った

私はまどマギをパチスロで知った口です。

ホールで、「なんかいつも人でいっぱいだし面白いらしいから打ってみよう」、と軽い気持ちで近づいてみたのです。

原作を知らない私は演出の意味が全く分かりませんでしたが、ゲーム性の秀逸さからパチスロ版のファンになりました。

色々調べてみたらTVアニメ版や劇場版は壮絶な人気があるらしく、DVDを借りてきて観てみたらこれまたすっかりハマってしまったのでした。

私はパチスロまどマギ2の際はユニバカサミフェス2016に参加しました。

会場でまどマギ2試打のとき、デモ機だったからなのですがマギカクエストに入りまくりARTが終わらない、ボーナス中に金扉が閉まりまくる、極めつけは中段チェリーを引く、というお祭り状態を味わい、それが今も思い出に残っています。

ホールでもこうだったら万枚なんて簡単に達成できますね。

 

まどマギの新台に望むこと

私ごときの実力で今のホールを相手に勝てるとは思っていません。

設定6を打ってみたい気持ちは当然ありますが、設定6に座れるとも思っていません。

ともすれば設定6の機械割よりも気になるのは普段座る設定1の機械割です。

どうせ設定1を長期に渡って打たされるのです。だったら設定1の機械割は少しでも高い方が良いではないですか。

できれば設定1の機械割は98%以上でお願いしたいところです。

最低設定の機械割がそれだけ高いとホールの平均設定はますます下がり、割を食うのは高設定域を打つ(打ちたい)現役の人だと思います。

しかし、私はただのパチンコ好きのおっさんなので、そんなことは知ったことではありません。

今どきないとは思いますが、設定1の機械割が95%台とかだけは、やめていただきたいという気持ちです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です