2019年1月の投資実績を公開

こんにちは、あんにゅいです。

2019年1月の投資実績を公開します。

 

2019年1月の投資実績

2019年1月の投資実績は下記の通りです。

 

 

資産残高は現金預金は除いています。

 

各カテゴリの内容と資産評価額推移

投資信託 2573万円→2694万円

保有投資信託の資産評価額推移は下図の通りです。

 

 

 

株式市場は前月と比較すると回復し、保有投資信託全体の当月リターンは+4.68%となってくれました。

おかげで投資来リターンも-5.49%にまで挽回しています。

債券やリートがプラスリターンなので株式のマイナス分を少し補ってくれています。分散投資の効果ですね。

それにしても国内株式(TOPIX)がちょっと弱いです。

 

ロボアドバイザー 550万円→577万円

各ロボアドバイザーの資産評価額推移は下図の通りです。

 

 

 

ロボアドバイザーも株式市場回復の恩恵を受けプラスリターンです。

国内投資信託を買い付ける楽ラップとダイワファンドラップがやや弱いかなといった印象を受けます。

 

個別株 99万円→105万円

保有個別株の資産評価額推移は下図の通りです。

 

 

 

今月から保有個別株の詳細も記載することにします。

フジオフードシステムに何があったのか、+27.75%のリターンとなりました。この高いリターンは個別株ならではの現象ですね。

逆に吉野家はマイナスの幅が広がりトータルでは20%近いマイナスです。ニュースで見たのですが、吉野家は赤字を出したのが原因なのでしょうか。

 

つみたてNISA 206,569円→252,109円

つみたてNISA口座の保有投資信託の資産評価額推移は下図の通りです。

 

 

 

つみたてNISA口座の投資信託も順当にプラスリターンでした。

トータルのリターンはまだまだマイナスなので、来月も割安価格で積み立てることができそうです。積立投資の利点ですね。

 

2019年2月への展望

2019年1月は月初から株式市場はマイナスとなり、為替相場では一時1ドル=104円台の円高となりました。

おかげでただでさえ含み損を抱えていたところにさらにマイナスは広がってしまいました。

しかしその後は順調に回復してくれて今月は約155万円のプラスです。

2月はどうなるでしょうか。

プラスの後はマイナスが怖いといったところなのですが、こればっかりはどうなるかわかりませんよね。

プラスがずっと続くことなどないわけですから、またマイナスがやってくるものだと思って過ごしていた方が良さそうな気がします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です