信託報酬引き下げ eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)、全世界株式 …リート追加も?

こんにちは、あんにゅいです。

インデックス投資家には定番中の定番ファンド、三菱UFJ国際投信のeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)、全世界株式(除く日本/3地域均等型/オール・カントリー)の信託報酬引き下げが発表されました。

 

引き下げの発表

2019年10月15日、三菱UFJ国際投信はプレスリリースをしました。

概要は下記リンク先です。

 

業界最低水準の運用コストを目指す『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』信託報酬率の引き下げを実施

 

 

4ファンドの信託報酬引き下げ

プレスリリースによると今回引き下げの対象となるのは4ファンドで、具体的な信託報酬は下表の通りになります。

 

(年率・税抜)

 

国内リート、先進国リートの追加も

Twitterで見た情報なのですが、三菱UFJ国際投信はeMAXIS Slimシリーズに「国内リート」と「先進国リート」を追加するそうです。

これが実現すればeMAXIS Slimシリーズはいわゆる8資産の内、新興国債券以外の7資産がラインナップされることになりますね。

今後も三菱UFJ国際投信の動きに注目したいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください