eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を100万円分購入した

こんにちは、あんにゅいです。

先ごろ新規設定された三菱UFJ国際投信の投資信託、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をSBI証券で2018年11月1日に100万円分買付しました。

日付単位のタイミングとしては最速です。

 

取り扱い開始日に買付してみたかった

わりと最近設定されたeMAXIS Slimシリーズの他ファンドとして、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)があります。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の設定日は2018年7月3日なのですが、私はその時点ではS&P500の存在を知らず、購入したのは設定日から1ヵ月ほど経過してからのことでした。

なので、S&P500購入の際は後塵を拝するという感が強く、新しいもの好きの私としては心のしこりが残りました。

しかし今回、全世界株式(オール・カントリー)の方は最速のタイミングで買付できたので、気持ちの問題ではありますがわだかまりはありません。

スマホの新機種を発売日に行列に参加して購入する人の気持ちに近いものがあるかもしれませんね。

こういったことを気にしない人からすれば実にどうでもいい話だとは思いますが。

 

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)とは

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)について、下記の記事にその概要を記載しておりますので、よろしければご参照ください。

 

【100万円分購入決意】eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)登場

 

 

購入資金、100万円の出どころ

購入資金の100万円はどこから出てきたのかという話ですが、これは別にお財布からポンと出したお金というわけではありません。

先月、10月中旬に楽ラップの口座から100万円を出金しておりまして、この100万円を今回の購入資金に充てました。

100万円出金直前の楽ラップの画面がこちらです。

 

 

続いて出金直後の画面がこちらです。

 

 

100万円の出金なのに資産が約105万円減少しているのは、出金依頼をしてから出金されるまでの約10営業日の間に、約5万円の評価損が発生したためです。

ちょうどこの頃NYダウ急落を皮切りに世界同時株安の連鎖が始まりました。

出金した100万円を月末まで現金としてヘッジでき、株安の影響にあまり巻き込まれずに済んだのは、ラッキーだったと思っています。

 

購入後のポートフォリオ

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を100万円分購入した後の、保有投資信託のポートフォリオは下記の画像の通りです(つみたてNISA口座の投資信託を除く)。

 

 

金額は時価ではなく購入時のもの(元金)です。

バランスファンドが結構なウェイトを占めているため少々わかりづらいポートフォリオだと思います。

今から約半年ほど前、投資信託を初めて購入する際に、バランスファンドを買付けるところから始めてしまったので、このような構成になってしまいました。

適当に買付けているようにも見えてしまうかもしれませんが、一応、それなりに考えて構成したポートフォリオです。

投資初心者が考えたものなので真似はしない方がいいと思います。

まあ、真似する人はいないでしょうけど。

また弄りたくなってしまう気もしていますが、しばらくはこれで様子を見ていきたいと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です